「大逆転」を信じていた篠沢教授の闘病8年

[ptitle]
「主人ともども諦めたら終わりだと思い、最後の最後まで希望をもっていました。iPS細胞に期待し、研究の成果が出るまでがんばろうと」



会員の方は